フォト
無料ブログはココログ

« 4月23日のアクエリ公式更新とかについて | トップページ | さようならGWまた会う日まで »

2013年4月29日 (月)

機甲称号取りましたー

ダンボール戦記ウォーズ。正直遊戯王みたいな学園内でバトルする奴を想像してたら、全然違う内容で驚く。現在のところ普通に面白いんだけど。

しかしクラス内の友好度が低すぎて、隊長の胃に穴が開くんじゃないかと心配になる。中学生とは思えない苦労を強いられてるな。なお、LBXではオーヴェインがカッコイイですね。適度に積みプラを消化したら、また買ってこよう。とりあえずGW中に、HFジ・エンペラー様は完成させないとなぁ。
 
 

メガマス。新イベントが始まってぼちぼちプレイしてます。しかし現在イベント順位が110~120位で、少し頑張れば100位報酬狙えそうなポジションだけど、正直どうしたものか。現在の調子でのんびり進めて、最終週にいけそうなら回復アイテムで追い込みかける形にしようか。メジャーどころのゲームに比べると、メガマスは気楽に遊べるのがいいですね。
 
 
 
 
 
さて、今回はLoVのお話。予定通り機甲称号終わったので、それについて少し書いてみようかと。
 
再征で登場した、機甲キャラのみで構成されたデッキで100勝というのが条件の機甲称号。基本的にデッキは固定されますが、それぞれのキャラに役割があり、属性バランスも悪くないので、デッキが固定される称号の中ではかなり楽な部類だと思います。

特徴としてはデッキに入れる5体中2体がアルカナ持ちでありながら、各キャラが戦闘向けの特殊を持っており、強烈な戦闘力と制圧力を併せ持っていること。しかしアルカナ持ち故の鈍足をフォローする手段はないため、5枚デッキでありながら非常にエクセを取られやすい諸刃の剣。機動性をUSで補いながら、その戦闘力、制圧力でごり押ししていくのが基本。なおUSはアウェイクとリザレクションUを採用。戦闘を強化する形ですね。
 
実際全国で使いこんでみた感じ、機甲の対処を知らない相手が多く、迂闊に行動した相手を楽々轢き殺せる印象。逆にしっかり対策を取ってくる相手には、ワンチャンもなく完封されます。状況に応じて戦略を変化させるような器用さもないので、イレギュラーなデッキには対応できないことも多かったですね。そんなわけで楽なゲームはひたすら楽だけど、無理ゲーも多く発生しました。
 
特に苦手だったのはアルカナ運送系。こちらと制圧力がほぼ変わらないのに、こちらより移動速くて速度低下まで撃ってくるとか、厳しいとかそういう次元じゃない。USにリタゲとかクイックドライブとか採用してれば、もう少しやれたんでしょうが、そこは相性と割り切ることにしていました。
 
 
 
では以後各機甲カードについて
 
   【】ポセ様
速度が遅いキャラほど攻撃力UPという特殊を持ち、機甲デッキ攻撃面の要として活躍するポセ様。正直ポセ様が出撃しないターンだと、1乙するのもなかなか厳しい。逆に特殊さえ打てれば、アルカナ2人でも結構な戦力になります。環境に不死が多いこともあり、とにかく一番の重要カードでした。機甲使い魔唯一の3速であり、生存しやすいのもポイント高いですね。
 
   オリオン
特殊でわからん殺しを量産するメインアタッカー。慣れていない相手だとかなり棒立ちになってくれるので、確実に1乙させてくれる。相手の号令にあわせて使うことで、被ダメを減らすことも出来、まさに攻防一体。しかしわかっている相手だと全員にかけさせてくれなかったり、かかった上でうまく逃げたりされるので、相手のスキルに依存する部分も多い。それでも毎回完璧に対応されることは稀なので、非常に頼りになります。
 
   フォッサ
アルカナ1号。霧散+防御ダウンという特殊は非常に強力で、魔種戦やピン落としの際に大活躍。巨大降魔呼ばれてもこいつの特殊が残っていれば、特殊と単スマ叩き込んでなんとかなることも多かったですね。神族とのマッチ率が高かったので、攻撃は低いもののアタッカーとして活躍することも。また、数少ないSS持ちであるところもポイント高い。なお、こいつが愛染サッカーされたことがあるのですが、似合いすぎてつい笑ってしまった。
 
   イヌダンテム
アルカナ2号。戦闘向けの特殊を持つアルカナってだけでそれなりに偉いのですが、機甲デッキにおいては重要度低目。基本初手で左ゲートから出る際に連れて行き、相手を削りつつ倒される斥侯的な役割が多かった。不死戦ではアタッカーとして数えれますが、それ以外こいつならではの仕事は少なかった感。
 
   デルビウム
対雷無敵の特殊と、SSのWレジストにより、雷属性に強いのが特徴。また、スタメン唯一の複数攻撃であることもポイント高いですね。機甲は闇25で神族は苦手なのですが、こいつにポセ様がかかれば十分戦えます。雷を盛った相手ともまだ戦えるのはこいつのおかげ。何気にFSもかなり優秀な、ステキ使い魔です。
 
   テンペスタ
リミットブレイク期間に使用。攻撃力高い複数ということで、殲滅力は素晴らしいですね。特殊の使いやすさやFSでオリオンに劣りますが、対人獣や固まる相手には、間違いなくこちらが強いです。特殊は罠で、正直使い慣れていないのですが、機甲は序盤にリードを取れることが多いため、相手が罠に乗るしかない情況は作りやすい気はしました。もう少し使い込んでみたかった使い魔ではあります。
 
なお、対戦相手としては、不死、神族がとにかく大目。魔種がそこそこ、人と海は少な目って感じでしたね。機甲デッキは攻撃面にやや難があるため、耐久が低い人獣、魔種が楽でした。特に魔種は主が撃ということもあり、称号狙い中3回くらいしか負けなかった勢い。逆に耐久高く、再征で大きく強化された不死が一番の強敵でしたね。
 
それでも勝率は6割以上(直近100戦勝率は67%でした)出ており、今までとあまり変わらない勝率が出せたんで、楽に取れたといっていいんじゃないでしょうか。ちなみに称号GETと同時に侯爵にも上がりました。超層が厚い公爵とも普通に当たることになるので、これから続けていくなら今まで以上に頑張らないとなぁ。
 
 
 
もう一個称号取ろうかとか、あとはもう店内対戦中心でのんびりプレイしようかとか、今後についてはまだ決めかねてる最中ですが、初の称号狙いはなかなかに楽しかったです。機甲はLoV3にも普通に登場することが決まっているので、LoV3が出ても機甲を使い続けていきたいな。

« 4月23日のアクエリ公式更新とかについて | トップページ | さようならGWまた会う日まで »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316826/51424862

この記事へのトラックバック一覧です: 機甲称号取りましたー:

« 4月23日のアクエリ公式更新とかについて | トップページ | さようならGWまた会う日まで »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31