フォト
無料ブログはココログ

« 続・パートナーシステムとかホライゾンとか | トップページ | 長かった年度末進行よさらば! »

2013年4月 4日 (木)

のんびりアクエリ生活

コトブキヤかリボルテック辺りがやらないかなーと思っていた、サーバーボッツ立体化が発表されて狂喜乱舞。ボッツは基盤買ってやり込んだゲームなのでマジ嬉しい。なお、ヘリオンorジャッカルを使ってました。この辺の機体はマイナー感溢れるので無理だろうけど、ラスボス機体のワーロックは立体化されて欲しいなぁ。性能が外道過ぎて対戦では使えなかったものの、デザインは超カッコイイし。RIOBOTは買ったことないけど、値段が高い分クオリティも凄いと聞いてるので楽しみです。



久しぶりにLOVったら、壁作れば勝ちの場面でボーとして、制圧阻止→エクセの流れで華麗に死亡。やはり定期的に全国対戦しないと、うまく思考が切り替わらないな。今日からはリミットブレイクということでコスト上限上昇するけど、機甲デッキの場合、あと10コストなんか足しても称号の勝ち数にカウントされるのだろうか。まぁ、もう少し仕事の年度末進行が続くので、イベント中に全国できるのかという疑問は残るのですが。今しか出来ない変デッキとか、ファンデッキとか色々やれるといいのだけど。



前回少し話題に出た、ぷよぷよを購入。昔は他の落ちゲーやってたんだけど、最近落ちゲー自体プレイする機会がなかったので、友人に誘われたのは嬉しかったですね。とりあえずぷよ通が意外と火力高くて驚く。これって4連鎖くらいで人が死ぬゲームだったっけ。しかし落ちゲーってやつはプレイし始めると相変わらずの中毒性で、超楽しいですね。友人と2時間くらいぶっ続けでやってたりした。





ここからアクエリ。
週末にカード仲間で集まる機会があったので、パートナーシステムを採用して対戦。自分は白でサーニャさん、黄色でフォルナさん(レッドジュエル)、黒でセフィーロさんをパートナーに指定してプレイ。

とりあえず黄色と黒はパートナー出す前に勝負が決まる感。まぁパニorライストがよく決まったからだけど。黄色と黒は両方とも、該当カードを1枚しか持ってないという理由でパートナーに選んだので、元々引けなくても戦えるデッキだったというのもあります。黄色は一度ゼノビアさんとかも試してみたいけど、フォルナさんのおっぱいが素敵過ぎて他のキャラを使う気にならない。縦でガッてするより、横でぺちぺち叩くのが好きなので、性能自体は凄く好きなんだけどなぁ。ゼノビアさん。

そして白。サーニャさんはパートナーシステムと相性が良いネームとして、結構注目されている気がします。なお、パートナー指定は初段のほう。使った感じ、初段を引ければ0コストでブレイクしていけるのがすげー強い。うまくいけば2ターン目に極プロとか、2学期デビューを絡めつつ2枚横取りとかできるのが素敵。また、とりあえず初段を場に出せるので、引いてなくても相手に上段を警戒させれるのは偉いですね。パートナーシステムのルール改正により2段確定とは行かなくなりましたが、それでもまだ強いネームである印象。

なお周囲はレミリアさん、ミクトさん、トゥレイスさんなど使ってました。ただどちらかというとコスト減少期待で、パートナー置き場からはあまりドローしていなかった印象。自分も含めてガチなプレイヤーがおらず、好きなネームをのんびり使ってる感じだから、1戦1戦が長引くことが多かったからかもしれません。本来はもっとさくっと終わるんだろうなぁ。まぁ、カジュアル同士の対戦なら、好きなネームを出して遊びやすくする、という意味で全然Okな感じがします。

パートナーシステムについてはまだここから変更もあるだろうし、キャラによって恩恵も全然違うので、まだ色々と試してみたいですね。



ではここからホライゾン。発売まであと一月くらいですね。金星から約半年は長かったなぁ……

   広場の男女
精神1の支配しやすい補給持ちで、3色ファクターという大盤振る舞いなキャラ。ホライゾンでアサマチやネイトさんを使うのが基本でしょうが、赤や青に武蔵が多ければ、通常のデッキでファクター加速としての役割も担えそう。▼がないのも微妙にポイントでしょうか。ホライゾン系では地味に重要そうな、男性スチューデントを持っているのも嬉しい。いろんな意味で使いやすそうなカード。

   傷有り少女
おっぱいぼーん!広場の男女のイラストより明らかに胸が強化されています。いいぞもっとやれ。アイコンが3つあり、どれも使いやすいものの、反面攻撃力が通常。アイコンと特に相性がいいのは白ですが、白デッキだと精神攻撃力が欲しいのが悩ましい。どちらかというと精神攻撃足りてる青デッキで、アイコンパズルが面倒な場合に採用って感じでしょうか。ただこの胸を見ているだけで、自然にデッキに挿れてしまいたくなる不具合。ホライゾン系はおっぱい星人としては魅力的なイラストが多くて死ぬ。

   囚われ王女
2F1C複数ファクターのドローブレイク。2色でデッキ組む際には重宝するだろうけど、2Fのドローってのが補給面で使いにくそう。正直これより水連の少女を採用したいような。どうしても赤が必要なデッキなら。そういえばホライゾンの赤は、あまりカードが公開されてませんね。今回の赤はアサマチ、点蔵さんのみで、青か白に添える立ち位置なのかな。

   お預け忍者
▼シールドチャージという基本スペックですが、何気にアイコンが2個あって使いやすさ強化。現状ブレイクに乏しい男性アイコンなので、そこまで強化されてる気がしないのが難点。キャラの耐久力としては、横取りのされにくさも含めて超が付くほど高いので、安定ファクターとしては使いやすいのでは。

   水連の少女
2F1Cドローチャージ。うん、これ普通に強いんじゃないか。通常攻撃力という点だけが気になりますが、通常の青に入れるなら精神攻撃は他に用意できるし、ホライゾン系ならそもそも精神攻撃が少ないので、そこまで致命的な問題ではない気がします。アイコンもタレント持ちで使いやすいし。なお、フレーバーのJud.はジャッジと読み、承認、同意、応答などの意味合いとのこと。そんな原作も勉強してるアピール。

   英国王女“メアリ・スチュアート”
条件は厳しいものの、任意のカードを引いてきた上に追加ターンを得るという、能力が決まればほぼ勝ちのカード。その場合は追加ターンに、本体に50点ほど飛んでくる可能性が極大。王賜剣一型も色々とサポートカードが続々と発表されており、ひょっとしたら実戦で狙えるんじゃないかという妄想。さて、このメアリさんですが能力を考えなくても単段で5/5/5、チャージ2とスペック面で非常に安定しています。さらにサーチを持つため、メアリさんデッキにはとりあえず放り込んでおくことになりそう。

   英国女王
青の2/2/2シールドチャージ。どうせシールドついてるなら精神攻撃持ちを採用したいところですが、今後耐久減少系の能力も出てくるだろうので、こういうとにかく硬いキャラの存在はいつか役に立つと思う。おっぱいは柔らかそうなのにね。

   女王の盾符の7“チャールズ・ハワード”
1Fと非常に軽量な補給用ネーム。かなり便利なキャラだと思うのですが、男性アイコンについては現状では安定した素体数が確保できていないため、本当に評価しにくい。特にこの人は早い段階で出したいので尚更です。仮に足回りに十分な素体さえあれば、とりあえずで1、2枚は入れておきたいキャラ。

   女王の盾符
ブレイクコストバック系。これ系はホライゾンでそれぞれの勢力に出ていますが、英国は初段エリザベスさんがネームをサーチできることもあり、特に相性良さそう。問題は上段エリザベスさんが素敵性能過ぎて、もうあいつ一人でいいんじゃないかという気がしてくる点。エリザベスさん一人で戦うなら、これ入れるよりはデッキの枠を空けたいところです。まぁ、アサマチや公式HPのほうで公開されてたウイリアムさんのように、ワントップに対して強いキャラもいるので、本当にエリザベスさんだけで戦う、というわけには行かないのでしょうが。

   英国の正義
英国持ち全員に+2/+2/+2という、頭悪い補正値を誇るファスト。コスト2がやや重いですが、性能を考えると仕方ないところでしょうか。エリザベスさん上段構えて、これ撃って殴ればもう普通にゲームが終わる気がする。実際使ったらコストが重くて使いにくいのかもしれませんが、少なくとも現時点で自分が英国組むなら、間違いなく投入するであろうカードですね。

   妖精女王“エリザベス”
英国デッキの核になるであろうお方。本来安定性に難がある2段ブレイクですが、上段がサーチ持ち、下段が英国ネームサーチエフェクト持ちなので、8枚中1枚でも引ければ2段確定と、なかなか愉快な性能をしています。さらに6/6/6という高サイズ、ブレイク時のカウンター効果、条件付バインドと頭悪いほどの超人っぷり。性能高すぎて惚れそう。大体の相手なら何とかしてくれそうな信頼感があります。とりあえずホライゾンは当面この娘で組むかなぁ。こういう防御性能は、青には欲しいものだし。しかし上段がファストでブレイクできるので、英国同士の対戦だと仁義なき横取り合戦が発生しそうで怖い。



とりあえずは今回はこれくらいで。しかし戦闘用のネームが強いくらいならともかく、足回りや補給用のネームにも超強いのが発表されて、従来の惑星シリーズとはカードパワーがもう根本的に違う感じ。カードが白と青に集中してるので、他の色は黎明で同程度の強化をされるってことなんだろうか。少なくともホライゾン発売から黎明が発売されるまでの間は、白と青が超強い時期になりそうです。

« 続・パートナーシステムとかホライゾンとか | トップページ | 長かった年度末進行よさらば! »

TCG」カテゴリの記事

コメント

>もうあいつ一人でいいんじゃないか
そう思っていた時期が、俺にもありました……。
せっかく英国のネームを引いてこれるなら欲張りたくなってしまいます。


>8枚中1枚でも引ければ2段確定と、なかなか愉快な性能
実質、下段をパートナー申請→英国女王にでも重ねて上段引っこ抜けるという(・x・+

>エリザベス
能力もさることながら、声が素敵っ!(ぇ

>天津空さん

ホライゾンのネームの中でも、エリザベスさんの自己完結っぷりは素晴らしいですね。専用構築も足回りに英国採用くらいしか必要なさそうなので、従来の青デッキにもすぐ馴染みそう。しかし確かに、英国はネームが豊富で、色々試してみたくなりますね。反面キャラ専用のスペルがあまり発表されていないので、英国はブレイクの能力中心で戦うことになるのかな。まぁスペルは、『本土防衛用術式剣 王賜剣二型』と『英国の正義』だけでも十分強いような気もしますが。

声といえば、田村さんがアクエリで担当しているキャラは結構多いですよね。Saga3以降だと、エリザベスさんに望さん、ルゥリィさん、なのはさん……くらい? キャラクターやスペルでこれらが描かれているカードも多いので、田村さん単デッキが組めそうだ。まぁ、勝てるかどうかは別ですが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316826/51095343

この記事へのトラックバック一覧です: のんびりアクエリ生活:

« 続・パートナーシステムとかホライゾンとか | トップページ | 長かった年度末進行よさらば! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31