フォト
無料ブログはココログ

« 長かった年度末進行よさらば! | トップページ | 機甲称号取りましたー »

2013年4月25日 (木)

4月23日のアクエリ公式更新とかについて

クルセイドでダイナミック構築済みが発売していたので、昔ガンウォーやってた友人と購入。なお友人のほうはマクロス構築済み買ってた。所詮構築済みなのでそこまで練られたデッキではありませんが、とりあえず相手にゲッタービーム打ち込むだけで超テンション上がる。あまり本格的にプレイすることはないでしょうが、キャラモノだけに息抜きくらいにいい感じです。デッキにキャラが多すぎる気がするので、コモン買い足してそこだけ改修しておこうかな。



LOV。120コストの機甲フルメンバーが楽しすぎて、ガンガンプレイ。経験値10倍のせいもあり、機甲メンバー全員LV20+称号までもあと1桁に。そんなわけで機甲称号は今月中には取れそう。なお、12月から始めたので、かかった期間は約5ヶ月。できればもう一個称号取りたい(BGMありの奴)けど、RE2終了に間に合わせようと思ったら、かなりペース上げないとなぁ。3の正式な稼働日はどれくらいなんだろうか。

なお、今回のSPはミーティアに1口入れて、見事当選しました。イラスト気に入っていたので、今後魔種はこの娘中心に使おう。しかし4速複数、特殊にややクセありと使いにくそうな感じですね。とりあえずアルカナぶっこみから試してみる予定。なお今回のSP、改めて見直したらアフロ様が痴女か露出症としか思えない素敵衣装であることに気付き、応募しなかったことを本気で後悔した。うわらば。





ここからアクエリ。
今週の公式更新では、アクエリアンエイジパートナーグランプリ2013の開催が発表。自分は例によって出れないだろうけど、大きな大会がないとやはり寂しいので、こうして開催が決まったのはなんか嬉しいね。なお、参加賞、賞品はともに現時点では新カード。黎明とかホライゾン2に収録されるのかな。

幽霊ウェイトレスは冥界系や赤ゴーストの足回りとして便利だし、アサマチのほうも5F5Cだけあって職員室に呼び出したくなるほどの性能。霊能者はこれまで頼れる大型に乏しかったので、巫女スキーとしてはなかなか嬉しい。出す前に死にそうだけど。ズドン巫女というのは原作ではおなじみの呼び名ですが、むしろアサマチにズドンしたい。きっと同意見多数……のはず。



んでは後は現在発表されてるホライゾンの中で、気になるカードをいくつか。

   艦長型自動人形““武蔵””
武蔵ドロー全てにドローとシールドを与える、スーパー補給キャラ。ギャラクシーにおける従来の2F2C補給が悲しみに包まれる超性能ですね。こんなの出して大丈夫なのかなぁと思うものの、白の戦闘要員はファクターが高いものばかりなので、そういった方向でバランスを取っていくのかもしれない。ホライゾンのみならず、今後白の補給線として末永くお付き合いしていくことになるかもしれないので、とりあえずは集めておこう。あとはドローアウトだけには注意ってところでしょうか。

   本土防衛用術式剣 王賜剣二型
いよいよ青にもやってきた全体焼き。英国持ちは焼かれないため、キャラを英国持ちで固めた上で通せば、一方的に壊滅的打撃を与えることが出来ます。ダメージが2点なので、赤相手には悲しみが半端ないのは仕方ないところか。散々メテバライストで焼かれた恨みをぶっぱして晴らそう。

   ステルス航行
とりあえずステルスがつくってだけでも強い……のですが、青と白しか存在しないホライゾン環境では厳しそう。ホライゾン云々よりも、通常のギャラクシー環境で、ヴィーナスエクスプレスを叩き込むときに使いたくなります。使用にコストがかかることや、青は打点低いことなどから、ステルスコートほどの使いやすさがないのは残念。

   ドキドキ少女
どう見てもエロゲ画像(笑) エフェクトにより赤か青のファクターを得られるので、テラーや仙術書などをタッチするときに役立ちそう。これ系のカードは、コンボ系デッキを組むときに使えるので好きです。しかし公式のデッキレシピ、何気に白デッキが最初の一つしかありませんね。今回武蔵って、意外と少ないのかもしれない。

   神速剣士
   戦闘義腕少女
ともに補給とチプを併せ持つキャラクター。打点の低さやアビリティなどの理由で、攻撃には期待できませんが、序盤から相手が手を出してきたときに便利。あとはヴィーナス(以下略)。青では微妙にアイコンが使いにくそうな点だけが残念か。余談ですがデッキレシピをみるに、旦那さんのほうは新規収録がなさそうでなんだか不憫。あと、今回やけにPFで紹介されてるカードが多いのですが、これひょっとしてPF専用カードだったりするんでしょうか。だとしたら非常に集めにくそうなので嫌だなぁ。

   槍激“本多・二代”
武蔵系はサポート向けのカードばかりが多くて、まっとうなアタッカーはこの人しかいない気がする。そんなわけでなぜか赤スペックの本多さん。ブースト+チブで単体でも強いのですが、パーマネントをつければさらに攻撃力+3。ホライゾンで何か専用カードがあるかもしれませんが、従来のカードだとコストが軽く、ブーストと相性がいいモノサイクルなんかが候補でしょうか。白の4F4Cとしては現時点では破格の性能なので、ホライゾンじゃなくても使っていくことになりそう。なお、更に5F5Cの本多さんも存在しており、重ねることでバトル相手のスキル無効という超強いアビリティを得ます……が、さすがにオーバーキルですね。



そんなわけでざっと見て、特に気になるカードをあげてみました。今月は年度末進行で忙しかったり、休日に用事が多かったりで、微妙にアクエリできてないのでぐんにょり。来月はGWもあるし、ホライゾンも発売されるので、もっとテンション上げていきたいですねぇ。

« 長かった年度末進行よさらば! | トップページ | 機甲称号取りましたー »

TCG」カテゴリの記事

コメント

>ホライゾン
個人的には"武蔵"さんもいいですが、葵・喜美と弘中・隆包さんを推しますね。あとウィリアム・セシル。好みの問題でいうと、ネイトとガッちゃんとアデーレですね、いわずもがなエリザベスも。

武蔵の月面宙返り、是非に収録していて欲しいものです。

>天津空さん

かなりのキャラが公開されてるホライゾン2弾ですが、その中では弘中・隆包さんはまだ公開されていませんね。自分で言っているように、やはり地味に徹しているのがよくないのだろうか……

月面宙返りは有名なシーンなので入るといいなーと思いますが、少しだけ登場したネイトママンとかあの辺はどうなんでしょう。キャラクターとして入ってると嬉しいんですが。おっぱい的な意味で。娘であるネイトさんはどうしてこうなった。これはあれ、将来性に期待か。

かなり優遇されて発売となるホライゾンですが、今後はアニメ第3期→アクエリで3弾発売と続いていくといいですね。

テスタメントォォォォ!!

>弘中・隆包さんはまだ
3サイズ(違)とスペックさらしときますね。
青3F2C  4/4/4/  スチューデント・アスリート・ ゴースト←ここ試験に出ます!
インターセプト

①ターン終了時まで,>に与えられる、10以下の数値の、バトル、またはアタック以外のダメージを無効化する。
①,>を目標にしたプロジェクトカード、ファストカード一枚を捨て札する。

>天津空さん

おー、公式で発表されてないだけで、他のトコで既に発表済みだったんですね。原作で対戦したシロジロさんが収録されているのに、野球さんが収録されてなかったら悲しいトコだし。

優れた防御性能を持つうえ、ゴーストアイコンで他の男性より、デッキに組み込みやすそうなのがポイントでしょうか。

わざわざありがとうございます。

訂正

,> → 『プレイヤーまたはキャラクター1体』

デス!なぜか、,>という表記になってしまっていますが両方のエフェクトとも上記のとおりデス!

                      -ハットン

>天津空さん

補足ありがとうございます。『このキャラクター』くらいの意味だと思っていました。全体焼きに対しても、エフェクト連打である程度被害を抑えられそうですし、これはかなり頼れそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316826/51363873

この記事へのトラックバック一覧です: 4月23日のアクエリ公式更新とかについて :

« 長かった年度末進行よさらば! | トップページ | 機甲称号取りましたー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31